終活おたすけ塾よろず コンセプト…目指すもの

2015年7月1日、石川県金沢市片町に新しく相席BAR業態の店舗を開店しました


・・・月日は過ぎて、2016年11月22日・・・

当店は、『終活おたすけ塾 よろず』 として新たに始動しました


現在の日本は、6人に1人の子供が貧困家庭にいます
つまり、その親も貧困家庭です
いつから、我が国日本は、このようになってしまったのでしょうか?

「自分さえ良ければいい」
こう考える人が寿命を全うしたとして、、、果たして真に幸せでしょうか?
率直な感想ですが、滅茶苦茶カッコ悪い生き方だと感じます
ご年配者の多くは(お金を使ったら負けだ)と感じます
何故ならば、己が欲望に負けて、我欲の為にお金を使う事に恥を感じるから
ご年配者の多くは、戦中からそうやって教育されてきたのです!
「死ぬまで、金を握っていたい」

「自分の息子、娘、孫さえ幸せでいてくれればいい」

良く考えて下さい、本当にそれでいいのでしょうか?

人生をいかに楽しく納得のいく形で締めくくるか、その為に私共が協力出来ることは何か?
カッコいいお金の使い方、有意義なお金の使い方はないのだろうか?
日々、そればかりを考えていました

貧富の二極化、少子高齢化、適齢期の男女の晩婚化、中年の自殺、ワーキングプア、年金減額、年金破綻懸念、高齢者の孤独、世代間の軋轢、高齢者詐欺の多発、高齢者の万引き件数の増加・・・

私は豊かな日本にいるような気でいましたが、実際には本当に不幸な人々が周りに沢山います

 

そして、カッコいいお金の使い方に気付きました

最も尊敬される、最も感謝される、最も効率の良いお金の使い方が見つかりました

 

しかも、使った本人にも大きなメリットのある使い方がありました

その答えは、『おたすけメイドをご自身の余裕のある範囲でご利用下さい』ということです

彼女たちは、まさに現代の歪そのものです

彼女たちが真っ当に生活を送れて結婚、子育てができる社会を共に築き上げましょう

高度経済成長を成し遂げたご年配の方々が最後までカッコ良くあるためになすべき使命です

それが、私共からご年配の皆様へのご挨拶です(^.^)


当塾では、終活に関する各種疑問に親切丁寧にお答えすることを心掛けております
遠慮なくご質問下さいませ
納得のいく人生を送る為、私共とじっくりお話してみましょう

◎おたすけメイド時給は、最低1,500円~と厚遇しております◎

 ☆終活おたすけ塾 よろず☆                 塾長、スタッフ一同 より